過去の問題を徹底的にやる

資格試験に挑戦する人は、何度も受験するのはごめんだと思っているのが普通でしょう。一発で合格できるようにしっかり勉強をしたいと思っていてもどうしたらいいのかわからないという場合には、3つの点を意識して勉強してみると効果的でしょう。一つ目は、徹底的に過去の試験問題を繰り返し解くということです。過去の試験問題というのは、出題者の意図を理解できる唯一のヒントといえます。また、同じような問題が繰り返し出てくる試験もありますのでそこで点数を落とさない対策にもなります。

紛らわしい部分は一表にまとめてしまう

二つ目は、紛らわしい部分は一表にまとめて整理するという方法です。例えば、必要な許認可等の種類が、免許なのか認可なのか、さらには登録か届出かといったところをそれぞれ暗記していくのはつらい作業です。つい入れ違って覚えてしまうこともあるかもしれません。そういった紛らわしい部分は、自分で表にまとめてしまい試験範囲全体で整理するのが覚えやすくするコツです。表を作っている間に記憶が定着する効果もありますし、万が一記憶があやふやになっても短時間で復習ができるというメリットがあるでしょう。

覚えにくい部分は直前の見直し候補に入れて忘れる

三つ目は、どうしても覚えられない部分については一旦理解して、覚えるのは最後に回すという手があります。そして、「試験会場に入る前に見直す項目一覧」に入れてしまうのです。そうすることによって、記憶する時間を最小限に抑えることができます。さらに、どうしても覚えられないというプレッシャーや忘れてしまったらどうしようという不安からも解放され、その他の部分について落ち着いて勉強できるようになるでしょう。自分なりに工夫をして不安をなくす方法を考えてみることも資格試験対策では重要です。

中小企業診断士の講座は大手予備校で受講可能ですので、数ヶ月にわたって合格実績が豊富なプロの指導を受けられます。

Categories: 未分類

Comments are closed.