行政書士はどんな仕事

資格試験に合格するなどの条件を満たした人が、登録することで資格取得者となれる国家資格です。名前は聞いたことがあっても、何の仕事をしているのか分かりにくいかもしれませんね。依頼を受けて役所に提出する書類などを作成したり、権利義務や事実証明の書類を作成するのが主な仕事です。自分で依頼しなくても、普段の生活でよく関係するのは自動車を買った時です。自動車会社が各種手続きをお客さんにかわって依頼しています。

他の資格につながる登竜門です

行政書士の仕事をしたい人が資格を取得するのは当たり前ですが、法律関係の国家資格の中でも簡単な方で、他の資格を目指す人が最初に取得することも多くなっています。憲法や民法など主要な法律を、まんべんなく学ぶ必要がありますので、法律の基礎を身につけるのには良い試験です。働いている人以外にも学生さんの受験生も多く、あまり法律の細かいところまでは出題されませんので、法学部出身でなくとも合格しやすいことも魅力です。

どう勉強すると受かりやすいの

比較的簡単なことや、受験に特化した参考書も多数売られていることで、独学での合格者も多数います。それでも法律といえば難しいイメージもありますので、これまで法律に触れたことがない人は、専門学校に通うのが確実な方法です。もう少し安く、自分のペースで勉強したい人には通信教育もあります。有名な通信教育ではほとんどが講座を持っていますので、資料を取り寄せて比較して、自分にあった講座を探してみるといいでしょう。

行政書士になるためには、効率的な勉強が必要です。行政書士の試験対策をしたいのなら、專門のスクールに通ってみると良いでしょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.