第一印象でほとんどが決まる

販売会社に入社した新人社員がまずおこなうのは、社会人としての礼儀やマナーの研修です。第一線として現場に出て、お客さんとやりとりをおこなうために、お客さんからはその人が会社の代表として見られてしまうために与える印象が重要と考えられるためです。言葉使いやお辞儀の仕方などは当然のことながら、一番重要なのは第一印象を決める外観です。人は第一印象で良し悪しの半分以上が決まってしまう傾向にあるために重要視されています。

接客する人に求められること

自分が最近の流行にあっている髪型、例えば女性であれば化粧に仕方、ファッションを身につけていたとしても、それが多くの人に受け入れられるとも限らないためです。販売するものが流行の第一線の商品だったり若者向けの商品である場合には、それらは個性として受け入れられて、カリスマ店員として認められるケースもありますが、通常の場合にはどちらかというとそのような要素ではなく、清潔感であったり清楚な感じが重要で、嫌な気分にさせないということが重要になります。

外観だけではなく更に必要な知識

そのために販売店の中には、現場に立って接客する社員に対して、服装に関して規定を作ったり、化粧の仕方についても講習を開催したりと取り組んでいます。現場で接客する人が会社の代表と思われるのであれば、当然のことでその概観には会社の経営方針などが反映されなければならないのです。また同時に接客だけではなく販売するためのノウハウも身につける必要があり、外観だけではなく商品に対する知識はもちろんのこと販売のテクニックも磨きます。

従業員を雇用したら、雇用主は、就業規則を文書で提示する義務があります。もし、雇用主から提示されなかったら、申し出て、きちんと説明をしてもらいましょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.