相手の国の言葉を学び、自分の国の言葉を教える

海外旅行に行ったことがきっかけになってその国が好きになったり、色々な国から来た留学生と知り合いになったり、興味を持つきっかけになった日本以外の国があるという人は、その国の言葉が分かるとさらに楽しいと思うのではないでしょうか。身近な国際交流の方法として、ランゲージエクスチェンジと呼ばれる方法があります。気軽に外でお茶を飲みながらお互いの国の言葉でコミュニケーションをとったり、言葉を教えてもらったりできます。

料理が国際交流のきっかけになります

日本では和食、中国では中華料理、フランスではフランス料理、など、料理はその国によって調味料、食材、味など様々です。日本には外国人が沢山住んでいます。料理を作ることや、他の国の料理に興味があるならお互いの料理を作って楽しむという国際交流の方法があります。その国の人でないと知ることができない意外な隠し味や作り方についてのアイデアを教えてもらうことができますので、新しい料理も覚えることができて一石二鳥です。

外国人が住むシェアハウスで共同生活

国際交流の中で一番楽しめるのは外国人と同居してみることです。いつも外国人がいる環境に身をおくことにより、自然にその国の習慣や言葉が身につきます。同じ屋根の下にいることによってその人たちの日常の生活がよく見えますし、コミュニケーションをとる機会が確実に増えますので、日常の小さな出来事の中でも面白い発見があると思います。言葉がそれほど流暢でなくても、交流しようという気持ちがあれば案外うまくいくものです。まずはリラックスしてこのような環境にチャレンジすることも国際交流のひとつではないでしょうか。

カンボジアからの実習生は安い賃金で雇用をする事が出来る特徴があります。知識やスキルを身に付ける事が目的ですので、賃金が安いです。

Categories: 未分類

Comments are closed.