ステップ1!遺産相続全てを整理しよう

遺産相続というのは誰もが一度は耳にしたことがありますが、実際に自分が相続する立場になった時になって困らないようにするのが大切ですね。では、いざ遺産相続をすることになった際にまずすることですが、相続する遺産を全て整理することから始めましょう。遺産となる物には家から貯金や株、車といったその人が所有していたものが対象となります。あまり嬉しくはありませんが、借金なども相続する遺産に含まれますので、全ての遺産がどれだけあるのかを整理するようにしましょう。

ステップ2!まずは法律の定めでわけてみよう

相続する遺産が何なのかを全て整理した後は、まずは法律に定まった取り分がいくらになるのかをみてみると良いでしょう。実際に遺産相続する場合は、相手との人間関係や信頼関係などによって自分自身が思う部分などがあるとは思います。ですが、とりあえずは遺産を相続するしないは別に考え、法律に定めて遺産を分配するとどうなるかを分けてみることが大切です。実際に法律上ではそれぞれの取り分がわかりますので、そこから次のステップへ進むのがスムーズでしょう。

ステップ3!相続する内容について正直に話し合おう

遺産相続の内容を把握し法律に定めた通り分けることができても、実際その通りになるとは限りません。たとえば家などを半分ずつ相続するとなった場合、家を半分に切ることは不可能ですよね。その為、法で定めた取り分から考えて実際に何を誰が相続するかを話し合う必要がでてきます。そんな時はしっかりと自分の正直な気持ちを話すことが大切です。遺産相続に対して包み隠さず話しあうことで、話し合いをスムーズにすすめることができます。

遺産相続の話し合いを進めて行くためには、弁護士や税理士などの士業を活用していくことが重要となります。

Categories: 未分類

Comments are closed.