司法書士の役割と仕事とは

司法書士とは、法律の知識のもとで、不動産登記、法人登記、供託に関する代理、裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類作成、法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続の代理などを行う専門職です。また、140万円までの簡易裁判所における民事訴訟、和解、民事調停、支払督促などにおいても当事者を代理することができます。ゆえに司法書士になるには、高い法律の知識が必要になり、何よりも司法書士試験に合格する必要があります。

司法書士試験の勉強方法

司法書士試験は、学歴や国籍も問われておらず、誰もが挑戦できる試験です。しかし、法律関係の資格の中でも、司法試験に次ぐ難関の試験でもあり、並大抵の事では、合格は難しいものです。従って独学での合格は、不可能ではありませんが、合格まで、それなりの時間が要する事が考えられます。そこで、司法書士試験のための通信講座を利用したり、学校や塾などに通うのも方法です。また、司法書士事務所など、法律関係の事務所で、働きながら目指せば、現場で知識を身に付ける事も出来ます。

司法書士の資格の魅力

司法書士資格には、様々な魅力があります。まず、試験時に学んだ知識をそのまま生かす事が出来、独立開業が比較的し易いものです。また、進む高齢化社会において、認知を伴う高齢者などの代理人として財産を管理していくなどの成年後見業務などが年々増加しています。また、弁護士に依頼する程の費用も掛らない事で、司法書士に相談や依頼される事も多く、また、高齢者になっても、活躍できる仕事でもあるなど、抜群の安定性が見込めるものです。

司法書士の試験は、法学部の学生や社会人にとって重要なイベントとしてみなされており、日ごろから予備校などを利用したり、独学を行うことが大事です。

Categories: 未分類

Comments are closed.